ゲーム

5歳児もハマった!親子で遊べるニンテンドーSwitchのゲームソフトを紹介。子供もパパも楽しみたい!

ニンテンドーSwitch、人気ですよね。2017年3月3日に発売されてから、なかなか本体が手に入らない状況が続いていましたね。うちの子もYoutubeでスイッチの実況動画を見て「欲しい!」と騒いで大変でした。
オークションでは売ってるけど、定価より1万円も高い。どうしよう…と悩んでいるときに運良く数量限定発売のお店があって手に入れることができました。

それから半年。
5歳の子がハマった、親子で楽しく遊べるゲームソフトを購入順に5本紹介します。

それから1年後、6歳になった今のお気に入りゲームソフトをまとめました。

5歳男児もハマった、親子で遊べるゲームソフト

スプラトゥーン2(Splatoon 2) (2017/7/21発売)

Switch本体と同時に購入したソフトが「スプラトゥーン2」。このソフトをやりたいがために「スイッチが欲しい」と騒いだと言ってもいいくらい、子供にとって魅力的なゲームです。デザイン色がビビットで鮮やかで、キャラクターデザインもカッコ可愛い。武器もたくさんあって、戦い方が試行錯誤できるので飽きないようです。半年以上やり込んだ今も楽しんでいるゲームです。

任天堂
メーカー希望小売価格(税別):5,980円
プレイ人数:1人

スーパーマリオ オデッセイ (2017年10月27日発売)

安定のスーパーマリオです。オデッセイでは帽子という仲間が新たに参加しました。2人プレイの時には、一人はマリオになってゲームを進めて、もう一人は帽子になってサポートするという遊び方ができます。最初の簡単なステージなら5歳の子供だけでも楽しめたのですが、ゲームを進めていくと子供だけではクリアできない難しいステージが多くなりました。そういう時には親がマリオ、子供が帽子になって楽しみました。帽子は敵からのダメージを受けないので、子供はストレスなく自由に楽しめるようです。

任天堂
メーカー希望小売価格5,980円(税別)
プレイ人数:1~2人

マリオカート8 デラックス (2017/4/28発売)

やはり安定のマリオカート。マリオカート8は持っているので買わない予定だったんですが、スプラトゥーンのキャラクターが追加されちゃってたんですよね。スプラトゥーンが大好きな子供が「スプラトゥーンの男の子がいる!!!」とYoutubeの実況動画を見て気づいてしまいました。遊び方はさほど変わらないようですが、車のゲームは疾走感があるので男の子は大好きみたいです。

任天堂
メーカー希望小売価格(税別):5,980円
プレイ人数:1~4人

ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT DX (2017年9月22日発売)

人気のポケモンゲームです。メインのポケモンと、サポートのポケモンを選んで戦う、アクションゲーム。ビジュアルエフェクトがすごいなぁと見るたびに思います。それぞれのキャラクター独自の戦い方や攻撃があって、メインとサポートの組み合わせでも何かが違うのかな?私はよくわからないのですが、ポケモン好きな子供は遊ぶたびにキャラクターの名前と属性を楽しそうに教えてくれます。

ポケモン
メーカー希望小売価格5,980円(税別)
プレイ人数:1~2人

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド Nintendo Switch版 (2017/3/3発売)

ゼルダの伝説。親世代には懐かしいのではないでしょうか。子供はYoutubeの実況動画を見てずいぶん早いうちに欲しがったのですが、なんやかんやと理由をつけて断ってました。だって、会話や文書が漢字なんですよ。子供だけで進められるはずはなく、ゲーム自体も5歳にはかなり難しそう。小学生になったらね、と言っていたのですが、まぁ上手くねだって手に入れてしまいました。
敵との戦闘やマップの使い方、移動などは問題ないようです。困るのが、「これ、読んで!」「この祠、クリアできないー!!」となるところ。祠の謎解きは大人でも難しそうです。でも逆に考えれば、簡単にはクリアできないので長く遊べるゲームと言えるのかもしれません。

任天堂
メーカー希望小売価格(税別):6,980円
プレイ人数:1人
[adchord]

いちばん遊んだゲームは?

やはり、スプラトゥーン2がダントツです。ゲーム自体は陣取りゲームで、色を多く塗ったチームが勝ちという単純なものですが、毎回チームメンバーや戦う相手が違うので飽きないみたいですね。武器はローラーとスナイパーがお気に入りのようです。
小学生になったら友達とチームを組んで大会に出たいととか言い出すのかなぁ、と思いながら生ぬるく見守ってます。

ゲームのメリット・デメリット

メリットは、思考の多様性かなと思います。勝つためにはどう行動したらいいのか、クリアするためには何が必要なのか。論理的な思考と、反応性が育つのかなぁ?と思いながら見ています。
それと周りの子供とのコミュニケーションツールになっていますね。幼稚園でも男の子はスプラトゥーンやマリオの話や真似っこ遊びで盛り上がっているようです。

まとめ

子供にゲームを与えるのは各家庭の方針だと思いますが、私は今からの時代必需品なのかなと思います。ただゲームを時間つぶしとして与えるのか、子供の成長ツールとして与えるのかは親のさじ加減なのかなと思います。その件についてはまた思うところあるので記事を書きたいと思います。